スペースがあればどのような所でも家を建てられる狭小住宅の謎

内観

生活がしやすい街

大阪府は関西地方の中心地ですが、その大阪府内でも大阪市は関西地方の全ての中心地であると言っても過言ではありません。多くの住宅も販売されていて、日常生活においてストレスを感じる事の少ない一戸建て住宅も多数販売されています。

家の模型と本

多くの人が選ぶ分譲型の家

分譲住宅選びでは、街並みや景観も重視し、建物や庭の工夫で全体的な統一感と多様性を両立させているところがおすすめです。浜松で分譲住宅がよく利用される理由としては、土地と家がセットで購入でき利便性や予算計画の点から魅力があること、購入前に建物の状態や周辺環境を把握できること、が挙げられるでしょう。

住む人の気持ちを活かす

模型

地下を造れる家

狭小住宅が東京で定評となる理由には、スペースが有効利用できる点です。一例には、広い敷地では造るケースが少ない地下室が挙げられます。容積率に余裕が出てくるためで、小さな家でも居住スペースをムリなく増やすことができます。東京エリアにも、高さ制限を設ける地域もあるため、選択肢としても評価されています。地下室の建築基準も緩和されているのもポイントで、施工技術も進歩し、快適性は増しています。地下にあるため、光は届きにくいものの、デメリットを活かし、シアタールームや楽器演奏などの趣味部屋とするケースは増えています。音が外部に逃げづらいため、こうした趣味は地下室向きです。通気・採光・調湿などにも配慮し、さらにドライエリアを設けるなど、閉塞感を軽減した狭小住宅は快適性で人気を集めています。

シンプルで住みやすい

東京の住宅事情として、都市部を中心に増す狭小住宅ですが、手狭となるネガティブなイメージが払拭されつつあります。あえてコンパクトに造ることで購入価格が安くなります。変形地では地価も安く、必然的に住宅も土地に見合った規模で建築費用も抑えられます。イニシャルコストが抑えられる点は活動拠点を都心におくなど、お一人様を満喫したいニーズに応えられる内容です。さらに狭小住宅の特徴は、ランニングコストも抑えられる点です。光熱費や定期的なメンテナンス、さらには固定資産税など、資産的に将来に余裕を確保することができる魅力も挙げられます。優越感を得たいと考える人は減っており、家の広さよりも自分のライフスタイルにどれだけマッチするのかが重要視され、小さな家の価値を見直す傾向に繋がっています。近年、物を沢山持たなくても充実した暮らしができる環境で、こうした点からコンパクト・ラグジュアリーと言われるライフスタイルが東京で注目されています。

住居

火災に強い家

中古一戸建ては価格も手頃で、気に入るようにリフォームも行えるため、岡山でも注文住宅同様に人気です。不動産として、機能性は重要となり、特に中古で築年数の古い住宅では火災に対する備えもポイントとなり、自宅や隣家を守ることにも繋がります。

このエントリーをはてなブックマークに追加